読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT社蓄ガールの世界一周記!

約3年勤めたIT企業を退職し、150日間の世界一周旅行に出かけます🌴✈️👜

【旅行準備】世界一周ルートを決める2

f:id:chilico_sucre:20170115224252j:plain

こんにちは。

蕁麻疹が(首元に)V字に沿って吹き出たという話をしたら、「ハイレグ蕁麻疹」と呼ばれています、きりみです。不本意の極み。

 

 

さて、現在世界一周ルートを考えているのですが、

ぼんやりとルートが決まってきました。

 

ルートはこんな感じで決めています。

 

  1. 行きたい国のピックアップ
  2. 各国の訪れたい時期を考える     ←今ココ!
  3. 世界一周航空券orLCC航空券か決める
  4. 上に基づいてルート決定

 

 行きたい国とその時期は前回記事に書いてます。(内容めちゃ薄い)

chilico-sucre.hatenablog.com

 

今回は、3. 世界一周航空券or格安航空券か決める編をお送りします。

 

両者が一体何者か、それぞれのメリット・デメリットはいろいろなブログで詳しくまとめられているので割愛させていただきます。

 

自分の場合は、

  • 期間が半年と明確で、行きたい場所がある程度決まっている
  • 旅行時期が4~8月とハイシーズンど真ん中で、航空券も高め
  • 東回りでいきなり南米へ飛んだり、アジアを回らず日本に帰ったりと、長距離フライトが多い
  • なるべく機内は快適に過ごしたい

 

以上の理由から、ワンワールドの世界一周航空券一択だと決めていました。

悩みに悩んで無茶苦茶なルートになりながらも、(このルートを片道ずつ取っていったらかなりかかるだろ…これはかなりお得なチケットになりそうだ…むふふ…)なーんて考えていましたが、

 

 

ワンワールドのルールにことごとく引っかかり、結果的に格安航空券を片道ずつ取っていく方法とほとんど変わらない(むしろ格安航空券のが若干安い)結果になりました。

しょっぱい…。

 

敗因は、

最初のフライトが東京ーラパスであること

↑これ一択につきます。

 

今回出発が3月末のため、一か八か、ウユニの鏡張りを見るために1カ国目をボリビアにしたんです。これがかなり痛かった。

 

なぜかというと、今回選んだワンワールド4大陸周遊券にある以下2の制約にめちゃめちゃダメージを与えるからです。

 

  1. 全旅程のフライトを16回以内にしなければいけない
  2. 南米大陸で乗れる飛行機は4回まで

 

 東京ーラパス間のフライトはというと、

 

成田     ー ロサンゼルス

ロサンゼルス ー リマ

リマ     ー ラパス

 

3フライト使います。1カ国目ですでに貴重なフライト数の3/16を使うんDEATH。ガッデム。 

さらに南米周遊者の99パーセントは立ち寄るであろうペルーの首都リマを、あろうことかはしょリマ。実際ははしょリマせんよ。(ボリビア、アルゼンチン、チリを回った後に参リマす。)

 

 

私の行き当たりバッタリは今に始まったことではないのですが、こんなにタイミングが合わないとは…あと、思ったよりワンワールドの制限って多いんですね。

あとでちゃんと気をつけることまとめておこう。

 

 

ででででででも、

 

・世界一周航空券は日程変更が無料で可能

・マイルも貯まる

・ハイシーズンのため、常に激安な航空券が取れるとは限らない

 

 

上記の理由が背中を押し、世界一周航空券にすることにしました。

 

 

 

 

とりあえずチケットの仮予約もしたし、やっと準備が進んできた…。

次は決定したルートを投稿したいと思います〜。

明日から仕事か。がんばろーーーーーーーっ

ではでは。